RSSリーダー、最新着情報一覧

2016年07月04日

食戟のソーマ、水戸郁魅のH(おっぱい、全裸)画像

週刊少年ジャンプで掲載している料理バトル漫画「食戟のソーマ」(原作は附田祐斗、作画は佐伯俊、協力は森崎友紀)です。
スタイル抜群の水戸郁魅(肉魅)は、コミックの第2巻から登場します。

食戟のソーマ、薙切えりなのH(おっぱい、全裸)画像」もご覧下さい。





食戟のソーマ、水戸郁魅のH(おっぱい、全裸)画像

  
附田祐斗食戟のソーマ コミックセット (ジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]
附田祐斗、食戟のソーマ ~a la carte~ (JUMP j BOOKS)
伊藤美智子、食戟のソーマ ~a` la carte II~ (JUMP j BOOKS)






おすすめ人気の記事

おすすめ人気の記事
  ・食戟のソーマ、水戸郁魅のH(おっぱい、全裸)画像
  ・食戟のソーマ、薙切えりなのH(おっぱい、全裸)画像






食戟のソーマのあらすじ、ストーリー

下町の定食屋の息子(幸平創真)は、家業を手伝いながら、父親(幸平城一郎)を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。
中学校卒業後は家業を継ごうと考えていたが、幸平城一郎は店を数年閉めると宣言し、海外へ行ってしまう。
そして幸平創真は、幸平城一郎の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学する。
そこから幸平創真は持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。






水戸郁魅(肉魅)について(1)

遠月茶寮料理學園の女子生徒。
薙切えりなの派閥に属し、褐色肌や露出の高い服装が特徴。
鮮やかな金髪を持ち、日本人離れしたグラマラスなボディを持つ。
ミートマスターの異名を持つ程の肉料理のエキスパート。
実家は大企業の水戸食肉流通グループを経営しており、そのコネクションと豊富な知識を利用した料理を得意とする。
名前、外見、得意料理などから周囲からは「肉魅(にくみ)」というあだ名で呼ばれたりもするが、彼女はその名を嫌っている。
薙切えりなの命令で小西寛一が主将を務める「丼研」を潰そうとするが、居合せた主人公(幸平創真)の丼研への手助けで、「丼研の廃部・幸平創真の退学 or 水戸郁魅の丼研への入部」をかけて食戟をする事になり、敗北した。
これを機に、幸平創真に対して興味を抱き始め、話が進むごとに想いを募らせている。
強化合宿終了後の休暇中に幸平創真が商店街への客呼び戻しの為の新しい肉料理アイデアを考えていた際には、自身が持つ肉業界へのコネクションを生かしてあちこちから様々な種類、様々なランクの肉を取り寄せ、全面的に幸平創真をバックアップした。






水戸郁魅(肉魅)について(2)

遠月学園高等部1年生の女子生徒。
「丼物研究会」部員。
褐色の肌にアホ毛のあるショートカットの金髪という派手な容姿に加え、作中屈指の豊満なプロポーションの持ち主。
制服を西部劇風に着崩した露出度の高い格好をしており、男子生徒からの人気も高い。
勝気な性格もあって言動は男勝りだが、根は真面目で素直。
当初は肉以外の食材への配慮が薄かったが、幸平創真に敗北してからは改善している。
実家は牛肉業界の一角を支配するほどの大規模な肉の卸売業者という裕福な家庭で育ったため、金銭感覚は一般庶民とかけ離れている。
周囲からは肉魅(にくみ)というあだ名で呼ばれているが、本人はそれを嫌っている。
肉料理を得意とし、ミートマスターの異名を持つ。
また、食材の温度を繊細に感じ取る優れた感覚の持ち主。
秋の選抜予選では肉以外の食料に造詣を深め、審査員からは「肉将軍(ミートジェネラル)」と高く賞賛される。
初登場時は薙切えりなの派閥に属しており、薙切えりなの命令により丼研を潰そうとするが、丼研の代理として幸平創真に食戟を挑まれて自身の丼研入部と幸平創真の退学を賭けて牛肉を使った丼料理のテーマで勝負する。
A5和牛の熟成肉を惜しげもなく使った「A5和牛のロティ丼」を披露するが、肉と飯の一体感が欠けていたことで敗北する。
その結果、薙切えりなに見捨てられて約束通り丼研に入ることになったが、それがきっかけで幸平創真に好意を寄せるようになり、彼にだけは上記のあだ名で呼ばれても良いと考えるようにもなった。
宿泊研修のビュッフェ課題の「卵料理」ではソース・ヴィネグレットを使った「ロコモコ丼」を提供し、200食達成する。
合宿終了後の連休中には幸平創真からの頼みで、すみれ通り商店街の立て直しに協力した。
秋の選抜Aブロック予選では「東坡肉カレー丼」で86点を獲得するが、予選敗退となった。
スタジエールでは、派遣先で出会った人物から「火入れの奥義」を伝授された。
また、秋の選抜以降は幸平創真以外の極星寮の寮生たちとも打ち解けており、特に得意分野の近い吉野姫とは意気投合している。
スタジエール後は以前よりカリスマ性が増しており、丼研に入部してきた後輩たちからも慕われている。
月饗祭での模擬店の出店場所を巡っての貞塚ナオとの食戟に勝利し、初日の目抜き通りエリアの売上では第3位にランクインした。






食戟のソーマ、水戸郁魅(肉魅)のH(おっぱい、全裸)画像

shokugeki-soma-007.jpg
食戟のソーマ、第2巻第13話、静かなる丼、雄弁な丼
水戸郁魅「くそっ」
水戸郁魅「何だってこんな事思い出すんだっ」
水戸郁魅「この丼のせいだっ」
水戸郁魅「この丼が」
水戸郁魅「好きにしていいんだよって」
水戸郁魅「自分らしくふるまってみなって」
水戸郁魅「囁いてきやがるから」
水戸郁魅「くそっ」
川島麗「それでは」
川島麗「投票をお願いします」
水戸郁魅「わ〜〜〜〜〜〜ん(椀)」
川島麗「何とぉ」
川島麗「勝者は幸平創真」
幸平創真「お粗末」






食戟のソーマ、水戸郁魅(肉魅)のH(おっぱい、全裸)画像

shokugeki-soma-008.jpg
食戟のソーマ、第?巻第36話、からあげの官能2
幸平創真「何やってんの」
幸平創真「商店会長」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「創真ちゃん」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「いや・・・」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「僕も何か力になれればと思って」
幸平創真「はぁ・・・」
幸平創真「その変装は何?」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「何しろここは」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「敵の陣地」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「こちらの正体がばれると危険だからね」
幸平創真「何が?」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「創真ちゃんも気をつけて」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「そない」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「コソコソせんでも」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「堂々と並びはったらええやないの」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「商店店長はん?」
富田友哉(弁当のとみたや二代目店主、商店会長)「ヒィ−−−」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「あぁ」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「こちらも商店街のお仲間さんですか?」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「どうです」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「一つ」
中百舌鳥きぬ(唐揚げ専門店もず屋社長)「試食でも」
幸平創真「いーんすか?」
幸平創真「んじゃ」
幸平創真「遠慮なく」
【雑誌、漫画、小説、古本の最新記事】
posted by 楽天アマゾン(amazon) at 19:06 | Comment(0) | 雑誌、漫画、小説、古本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

[株式会社DMM.com証券]


[LINEスタンプ制作]


[羽毛布団]


[脱毛器]


[電話回線]


[防犯カメラ]


[検索システム]


[英語]


[ダイエット]


[洋服の試着]


[楽天市場に出店]


[フレッツ光]


[デスクチェア]


[チャットレディー]


[A8.netの広告主募集]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。